矯正歯科

矯正歯科治療とは

矯正歯科とは

矯正歯科治療とは、八重歯、乱杭歯(凸凹)、受け口、出っ歯、すきっ歯のような悪い歯並びや咬み合わせを改善する治療です。これに加えて、発音を明瞭にさせるとともに、虫歯や歯周病になることを防ぎ、健康を一段と増進させようとするものです。

また、成長とともに美しさに敏感になってくる子供たちにとって、きれいな歯並びに整った容姿は、明るく、積極的な性格をもたらしてくれます。

なぜ矯正治療が必要なのでしょう? 歯並びが悪いと、身体に以下のような悪影響を及ぼす可能性があります。



※不正咬合が影響で起こりうる悪影響
  • 食べ物をうまく噛めない(咀嚼機能障害)
  • 歯が磨きにくいため虫歯になりやすく、口臭の原因にもなる
  • 歯周病になりやすい
  • しゃべる時に滑舌が悪くなる(発音障害)
  • コンプレックスに感じる(心理的障害)

以上の障害で見逃してはならないのが心理的障害です。

歯並びが悪いと、心理的にコンプレックスを感じる人も少なくありません。したがって、きれいな歯並びに治すことは口元を美しくするばかりでなく、うまく噛め、上手に話せるようにし、虫歯や歯周病を防ぐために、しいては心理的発達をもたらすために必要なことです。

子供の歯列矯正について

子供の場合、乳歯が生え始めてから10年前後を経過して永久歯に生えそろうことが終了します。この間に噛み合せが悪くなった場合、通常では2期に分けた矯正歯科治療をします。
まず、初期治療(早期治療)は3歳~12歳頃までの永久歯の咬合完成前の段階で、良好な噛み合せが形成されるように誘導する咬合発育治療です。この時期は大きな成長発育期にあるので比較的簡単な装置で歯の位置や、顎の骨の位置の改善を行います。 第2に本格治療は永久歯の咬合がほぼ完成し、大きな成長期が過ぎ、厳密に歯を動かしてよい噛み合せを形成するために固定式の装置(マルチブラケット)を使用して矯正を行います。

小児矯正

大人の歯列矯正について

大人の矯正歯科治療は子供の矯正歯科治療と異なり、顎の骨の発育がありません。子供の矯正治療であれば、顎の骨の発育を考えた上で矯正を行っていますが、大人の矯正治療の場合は噛み合せを考えつつ、歯並びを移動させるという矯正になります。 歯並びを治すにあたり、若干の隙間を作ったり、歯を抜いて矯正することもあります。もちろんなるべく抜歯をせずに矯正治療ができれば良いことはたしかです。抜歯しないで正常な咬合が望めない場合は抜歯をして矯正治療をするケースがあります。

成人矯正

目立たないで・短期間でできるマウスピース矯正

マウスピース矯正は薄く透明なマウスピースを使用するため、矯正治療をしていることは気付かれないです。今までの矯正装置とは違い、目立たず、違和感やストレスが少なく、リーズナブルです。あなたの矯正治療のイメージは変わります。「前歯の傾きがちょっと気になる」「歯と歯の隙間をなくせたら」「あとちょっと歯並びを良くしたい」と思ったことはありませんか?「コストや労力をかけてまで矯正治療をするほどでも・・・」と諦めていませんか?

マウスピース矯正はあなたの笑顔を更に輝かせます。マウスピース矯正はあらゆる負担を軽減した矯正歯科の新基準となるでしょう。

マウスピース矯正

当院のマウスピース矯正のメリット

  • 歯質: 虫歯になりやすい歯の質、歯並び、咬み合わせになっている。
  • 細菌: 虫歯の原因菌が旺盛な活動をしている。
  • 糖分: 歯につきやすい甘いもの(糖質)を多く摂取する食習慣がある。
  • 時間: プラーク(歯垢)が歯に付着したままになっている時間が長い。

安心、安全、高精度。世界基準で作られます。

国内で歯型模型を最先端レーザースキャニングマシンで3Dデータにし、米国に送られます。そこでは矯正医を含む専門チームが最先端のソフトウェアを使用して、歯を正しくきれいな位置にデザインします。あなたは治療を始める前に、最終的な歯並び予測を3D画像上で確認することができ、納得してからスタートできます。
デザインは米国、マウスピース製作は日本。世界のプロフェッショナルがあなたをサポートいたします。

マウスピース矯正の3D診断

定期的に交換するだけ。快適な日々を送れます。

使用方法はとても簡単。1日20時間装着し、2週間ごとに新しいマウスピースに交換するだけです。マウスピースはすぐに慣れるため、会話にストレスはありません。取り外しが自由にでき、ブラッシングが容易でお口もマウスピースも衛生的に保てます。

マウスピース矯正の装着時間

※マウスピース矯正の費用

Level 1
前歯部のみの移動で治療可能なケース 180,000円
Level 2
小臼歯までの移動が必要なケース 280,000円

マウスピース矯正の症例

Case1

[Level 2] 23歳。治療期間4ヶ月。

マウスピース矯正症例1


Case2

[Level 1] 38歳。治療期間3ヶ月。

マウスピース矯正症例2


Case3

[Level 2]+ ラミネートベニヤ(右上2) 治療期間5ヶ月。

マウスピース矯正症例3


Case4

[Level 2] 42歳。治療期間6ヶ月。

マウスピース矯正症例4